時期を選んで安い引越しを実現|空いている平日を狙ってみよう

部屋とダンボール

上手な利用でお得に

ウーマン

引越しは集中するシーズンがあるため、業者への予約は早めに済ませましょう。無理せず業者に依頼することで、家具や家電だけでなくケガからも守れます。不用品の回収または買取りを合わせて依頼できる場合があり、トータルコストの節約にも役立ちます。

業者の選び方

家具

引越し業者を選ぶ時には、複数の業者に見積もり依頼を出して、口頭だけの約束ではなく見積書にしっかり記載してもらうようにしましょう。ピークシーズンは引っ越し料金が高くなってしまいますが、時間に融通が効く場合には安く抑えることができます。

個人と業者利用の違い

作業員

引越し作業を行なう際にレンタカーや自家用車を使えば、引越し費用を安く済ませることができます。荷物が多い場合は業者を利用した方がいいので、荷物の量に合わせて引越し方法を考えましょう。

見積りを安くするには

婦人

日時や時間帯で節約

一年の中で一番引越し料金が高くなる時期は、3月後半から4月上旬にかけてです。進学や就職、転勤などの新生活をスタートさせる時期でもあり、依頼件数が多くもっとも引越業者が忙しい時期になります。依頼件数が多ければ、それだけ売上が上がるのだから高くなるよりも、むしろ安いのではないかと思われますが、引越し依頼件数が多いということは、それだけ人手も必要になります。アルバイトを雇わないと仕事がまわらないこともあり人件費がかかります。さらに、引越し業者によっては荷物を運搬するトラックが足りなくなるケースもあります。そうなったら、他の運送業者からレンタルしなければならないなど、経費が多くかかってくるため、それが見積もり料金に跳ね返ってくるのです。そのため見積もりを安い料金にするには、繁忙期をずらせば安い料金になります。しかし、多くの方は異動や転居が決まるのがこの時期なので、自由に時期をずらすことができるという方が少ないです。その中でも安い料金にするには、日程や時間帯をずらしてみることです。ほとんどの方は、土日や祝日に引越しを済ませたいと考えているので、休日は混雑して料金が高めになります。平日であれば割と空いていますので、平日のほうが料金が安いのです。さらに、時間帯も重要です。午前中に運搬作業をして午後は荷物整理に充てたい方が多いので、午前は料金が高いです。午後からスタートなら、比較的空いてきますので時間帯でも安い料金にすることができるのです。